忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/24 04:37 |
無題
130年以上経っているというのに
今でもこういうものが出てくるんですな。

愛刀の金具とひもで帯締め、龍馬の愛妻・お龍への贈り物

幕末の志士・坂本龍馬(1835~67)が
妻のお(りょう)に贈った帯締めが見つかり
高知市文化プラザで初公開されている。

 愛刀のつかに使う飾り金具「目貫(めぬき)」と
ひも「下緒(さげお)」で作っており
龍馬の思いの深さがうかがえる。

 帯締めは龍馬の暗殺後
お龍が1年間身を寄せた高知県内の
縁者の娘がもらった。

娘は龍馬と親交のあった旧家に嫁ぎ
代々女性たちが秘蔵してきた。

 2年間の結婚生活で夫婦のきずなを
示す資料は少なく、幕末史に詳しい

木村幸比古・霊山(りょうぜん)歴史館学芸課長(京都市)は
「貴重な愛の証し。龍馬の資料は出尽くしており
近年まれな発見」と評価する。

3月2日まで。

2008年2月17日22時22分  読売新聞)

obi.jpg


PR

2008/02/26 12:35 | Comments(2) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

さすがお目が高いですね!
素手で30億円持っているんですからおかしいですよね
日本人なら絶対無いでしょう
この時計には後日談があってブレゲが図面からレプリカを作成する
計画があってこれだけでも10億円~20億円もするんですが
本物が出てきたんでどうするよ!とブレゲもびっくりしているそうです
どうなるレプリカ!!
posted by mrホワイト at 2008/02/26 20:03 [ コメントを修正する ]
Re:うーん
レプリカで20億やったら
あと10億出して
ほんまもんを買うやろなぁ(=д=)トオイメ
2008/02/27 12:27
前でも歴史的価値があるんじゃないかと思い続けたコレクター
が大事にしてきた賜物ですね。偽者と思っていたら捨てれていたかも
実際そういうものの少なくないかと思います。
最近気になったネタで「天才の頭脳」が見つかりました!
http://www.afpbb.com/article/life-culture/culture-arts/2310917/2340791
見つかって本当に良かった!
posted by mrホワイト at 2008/02/26 17:20 [ コメントを修正する ]
Re:130年
25年ぶりでも発見されるもんなんやね。
でももっと驚いたのは
素手に時計を載せている写真。
こーいうのって手袋せんの?

2008/02/26 18:09

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<W61S | HOME | 寒い>>
忍者ブログ[PR]