忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/24 04:38 |
シューミtaxi
ピットでカーティケアンが
TAXI
と書かれているシャツを着てるのを
思い出したけど
それ以上のニュース。

タクシードライバーが羨ましい(*=д=)ウットリ
でもチップのほうが多いんやね(*=_=)サラニウットリ

関連記事を2つほどあげておきます。

F1=M・シューマッハー、飛行機に間に合うよう自らタクシー運転

自動車レースF1で7度の世界王者に輝き
昨年現役を引退した元ドライバーの
ミヒャエル・シューマッハーさんが
家族とともに空港に定時に着くため
運転手に代わって自らタクシーを運転した。

Muenchner Abendzeitung紙によると
シューマッハーさんは、空港からタクシーで
同国南部コーブルグ近郊の村に寄った後
空港に間にあわなくなったため
タクシーの運転手に代わって空港まで運転した。

タクシーの運転手は同紙に対し
「シュミ(シューマッハー)が運転して、自分が
助手席に座っているなんて、非現実的な出来事だった」
とコメントした。

また同紙によると、シューマッハーさんは
運転手に正規のタクシー代
60ユーロ(約9800円)に加え100ユーロのチップを渡したという。

もひとつの記事↓

ミハエル・シューマッハ(38歳)は
レーシングから引退したが
ミハエル・シューマッハからレーシングを奪うことはできない。

7度のF1ワールドチャンピオンは
空港に向かうタクシーに乗ったが
飛行機に間に合うようドライバーと運転を交代したというのだ。

タクシードライバーのキャビー・トゥンジェル・ユルマズは
伝説のレーシング・ドライバーが運転をするのを
畏敬の念を持って見守った。

ユルマズ氏はドイツ紙
 "Muenchner Abendzeitung" に

「乗客用シートに座っているだけでも十分変だったが、
『シューミ』が僕のタクシーのハンドルを握っているなんて
信じられなかった」

と語った。

スイスに住むシューマッハは
9日ドイツ・バヴァリア地方の
コブルク近くにある飛行場に到着し
新しい子犬を受け取るためにタクシーで
ゲヒュエルツに向かった。

そして飛行場への帰り道(30km)、
シューマッハは時間がないと感じて
ユルマズ氏に丁寧に運転を代わってほしいと頼んだ。

当然のことながら、そしておそらくプロとしての
向上心のためからか、ドライバーはこれを承諾した。

シューマッハは妻とふたりの子供と、
新しく家族の一員となったオーストラリアン・シェパードの
子犬エドと共に、シューマッハはアクセルを踏み込んだ。

ドイツのアウトバーンには速度制限がないので、
ドライバーはタクシーをハイ・ペースに維持することができた。

冷や汗をかいたユルマズ氏は
「彼はコーナーを全開で走り、信じられないような場所で追い越しをした」
と語る。

彼はテスト・ドライバーとしてかつてのチーム、
フェラーリに協力しているが、F1への復帰は否定している。

PR

2007/12/12 18:20 | Comments(0) | TrackBack(0) | 未選択

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ドミノピザ | HOME | Wii>>
忍者ブログ[PR]